デジタルカメラ・ジェーピー

2010年08月17日

富士フイルム

世界唯一の3Dハイビジョン動画撮影に対応した
裸眼鑑賞可能な3D液晶搭載3Dデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W3」発表


●富士フイルム
世界唯一の3Dハイビジョン動画撮影に対応した
裸眼鑑賞可能な3D液晶搭載3Dデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W3」発表

-同社のFinePix REAL 3Dカメラの第二世代機となる「FinePix REAL 3D W3」発表。
-今回の「W3」では、あらたにハイビジョン(720P)での3D動画撮影に対応。
-3D動画は1,280×720ピクセルで24fpsのハイビジョンクォリティーを実現。
-裸眼で3D鑑賞が可能なレンチキュラー方式の背面ディスプレイを採用。3.5型115万ドット「プレミアムクリア3D液晶」を搭載。明るさを従来比約1.5倍、色再現性は約1.8倍に向上。
-HDMI出力機能を搭載。各社の3D対応テレビやプロジェクターと接続することで、直接3D表示が可能に。
-オートモードでの3D撮影時の近距離撮影は、「W1」の60cmから38cmに短縮化。
-カメラのサイズもよりコンパクト化。外装デザインもよりスタイリッシュに。
-実売価格も「W1」の69,800円前後から、「W3」では49,800円前後に大幅値下げ。
-カメラとしての基本仕様は初代の「W1」のものを踏襲。
-撮像素子は1/2.3型1,000万画素CCDを搭載。最高感度ISO1,600。
-光学系は35〜105mm相当の光学3倍ズームとなる、屈曲式のフジノン6.3〜18.9mmF3.7〜4.2。
-3D動画撮影中のズーミングは不可。
-大きさは124.0×65.9×27.8mm。最薄部21.0mm。重さ約230g。
-オープンプライス。実売49,800円前後。9月4日発売。



富士フイルム・3Dカメラ発表会 発表会語録概要

●富士フイルム社長 古森氏
・1988年にデジタルカメラを世界で最初に開発。
・1996年に民生用初のメガピクセル機「FinePix 700」を開発。
・レンズ、センサー、LSIを自社開発。
・高画素化、高感度化で市場をリード。顔抽出も富士がリード。
・近年はコスト競争力を改善。強化。WW1200万台、世界シェア10%を目指す。
・最高の撮影画質を追求し、独自技術のカメラを送り出してきた。ハニカムEXRやカラーマネージメントEXRも展開。
・人工衛星から携帯電話まで使われているフジノンレンズ。
・より機能を充実させた3Dカメラを本日発表する。
・3Dはデジタルカメラのみならず、映画の世界でも広がっている。家電メーカーからも3Dテレビが登場。映像分野での3D化は今後も促進する。
・自分で撮影した、身近な3D画像を提供。より多くの3Dコンテンツを提供したい。

●電子映像事業部 樋口事業部長
・2010年には400万台の3Dテレビが登場。2013年には6000万台市場に。その10%位の人は3Dデジタルカメラを買ってくれるのではないか?
・もっといろいろなコンテンツの3Dがみたい。見る、撮る、残す3D。
・自分で3Dをとってみたいひとが増えている。目が疲れない3Dを目指した。
・2本のレンズを採用し、3倍ズームであり、光軸がきっちりとあっている。」
・どんなシーンでも自然な3D画像が見える画像処理技術。
・液晶もよりワイドではっきり見える3D。
・昨年の第一世代からさらに進化。画質を向上、HDMI経由で3Dテレビで出力できる。コンパクトで、より求めやすい価格に。プリントも進化。
・3Dシステムを当社の電子映像のひとつの柱にしてゆきたい。
・3000店舗以上の販売窓口。専用展示コーナーを特設。広告宣伝もワールドワイドで展開。テレビや映画でのCMも、安価なプリンターも配置。
・3Dカメラの差別化技術により、当社のカメラ技術を差別化してゆきたい。

●電子映像事業部 商品部長 西村氏
・3D眼鏡なしに3D映像を楽しめる。
・「撮る3D」「その場で見る3D」がこの製品の魅力。
・価格はオープンだが、48000円前後と想定。
・2つのレンズとCCDを搭載。新開発エンジンにより3Dハイビジョン動画も。

・当社は独自技術で、3D静止画と3DHD動画が撮れる。世界でただ一つの、”本物の3Dカメラ”。
・撮った映像をその場で3Dで裸眼で見ることができる。新開発液晶によるより高画質な液晶を搭載。
・3Dでのマイクロサムネール表示も。
・みんなで見る3D。接続はHDMI Ver.1.4。ケーブル一本で3Dテレビに表示。付属ソフトで観覧な3D映像編集も可能に。
・残す3D。富士フイルムならではの3Dプリントを展開。さらに高精細なクリア3Dプリントサービスを開始。Webやお店から3Dプリント注文が可能。
・複眼での2D映像も。ツインカメラモードを搭載。違う画角や撮影条件での撮影も可能に。


<質疑応答>
Q.第一世代機の販売実績は?
A.公表していない。目標の10万台には届かなかった。

Q.魅力的な価格での展開だが、販売目標は?
A.1年間で40万台を目標に進めたい。

Q.3Dを電子映像事業部の柱にするというが、売上高の目標は?
A.目標は40万台。100億円のビジネス規模に。2013年にテレビが6000万台になるので、その1割の600万台を目標に。

Q.小型軽量化は?
A.まだまだ進む。基板の小型化やレンズの進化でまだ進められる。

<佐々木希さん>
・CM撮影の時に、カメラの液晶を見て、すごく驚いた。
・地元、秋田・大曲の花火を3Dで撮ってみたい。







Google
WWW を検索 DigitalCamera.jp を検索

このWebサイト上の全ての画像及び文章の著作権は山田写真事務所DigitalCamera.jp)
またはそれぞれの原作者
が所有しています。
一切の許可なき転載を禁止します。

(C)1999-2009 Yamada Digital Photo Office & DigitalCamera.jp ALL RIGHTS RESERVED


mail to :
(E-MAILによるご質問、購入相談などはお受けしておりません )
This website does not sell the Digital camera.

バナー広告について

(Digitalcamera.gr.jp since 1999/12/08)
(Digitalcamera.jp since 2002/02/10)