デジタルカメラ・ジェーピー

(since 2002/02/18)
マップカメラ
SILKYPIX Developer Studio
Nikon Df
SP 70-200mm F/2.8 (Model A009)

山田久美夫写真教室

デジタルカメラ・フォトギャラリー
(作品募集中)

レポート&レビュー

DigitalCamera.jp
からのお知らせ
ごあいさつ
本サイト開設にあたって

バナー広告について

バックナンバー ギャラリー ランキング お知らせ 旧コンテンツ

HotNews Digest Last Update 2017/04/30
12:00

04/30
(日)
[ソフトウエアUPDATE]
●リコーイメージング
Digital Camera Utility 5アップデータ Windows版 (バージョン5.7.2)
Digital Camera Utility 5 アップデータ Macintosh版(バージョン5.7.2)
-同社モデル付属ソフト「Digital Camera Utility 5」の最新バージョンを公開。
-今回のVer.5.7.2では下記の点を改善。
-「GR」「GRII」のRAWデータで展開保存時に異常終了する現象を修正。
-Laboratoryモードの露出/トーンパネルの増減感スライダーで、減感しようとすると、あるレベルで当てつく現象を修正。
-縦位置画像をスポッティングすると、その部分の画像が劣化する現象を修正。
-全画面表示状態でコマ送りすると、通常表示に復帰できなくなる現象を修正。

04/29
(土)
[ファームウエアUPDATE]
●シグマ
SIGMA dp Quattroシリーズ ファームウェアVer.2.01
-SIGMA dp Quattroシリーズ用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.2.01では、一昨日公開されたVer.2.00で発生していた下記の点を修正。
-アップデート後に再起動を行うと、背面ボタンの操作を受け付けなくなる現象を修正。
-「SIGMA dp0 Quattro」「SIGMA dp1 Quattro」「SIGMA dp2 Quattro」「SIGMA dp3 Quattro」各機種用。

04/28
(金)
●市川ソフトラボラトリー
iPhoneでRAWデータ撮影ができるiOS向けカメラアプリ「SILKYPIX Shot」、英語版無償公開
-iPhone6以降でRAWデータ撮影が可能な、iOSカメラアプリ「SLIKYPIX Shot」の英語版を無償公開。
-DNG形式でのRAWデータ記録が可能。JPEGでの撮影にも対応。
-同アプリに現像機能はなく、現像にはPC版のSILKYPIXシリーズを推奨。
-撮影時には、ISO感度やシャッター速度、ピントやホワイトバランスなどのマニュアル設定も可能。
-さらに、フレーミングガイドや水準器、タッチシャッターやセルフタイマー機能も装備。
-iPhone7Plusでは、ワイドとテレビ切り替えも可能。
-対象機種は、iPhone 6、iPhone 7、iPhone 7 Plus。OSは、iOS 10.0以降。
-無償ダウンロード可能。

04/27
(木)
●シグマ
昨日公開のSIGMA dp Quattroシリーズ用ファームウェアで不具合。現在公開停止。不具合発生時はサービス対応に
-昨日4月26日公開のSIGMA dp Quattroシリーズ用最新ファームウエアVer.2.00で不具合。
-「アップデート前のカメラの設定により、アップデート後に再起動を行うと背面ボタンの操作を受け付けなくなる」現象が発生。
-現在、ダウンロードサービス停止中。
-アップデート後、同現象が発生した場合は、同社カスタマーサポートに問い合わせての対応に。
-4月28日に修正版公開予定。

[ファームウエアUPDATE]
●キヤノン
EOS 7D Mark II ファームウエア Version 1.1.1
-APSハイエンド機「EOS 7D MarkII」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.1.1.1) は以下の点を修正。
-ワイヤレスファイルトランスミッターWFT-E7Bを使用して画像を転送する際の通信の信頼性を向上。
-特定のマイメニュー設定と特定操作の組み合わせでErr70が発生する現象を修正。
-ごく稀にシャッターが切れなくなる現象を修正。
-特定のカスタムファンクション設定における動作の信頼性を向上。

04/26
(水)
[ファームウエアUPDATE]
●シグマ
SIGMA dp Quattroシリーズ用ファームウェア Ver.2.00 【不具合発生で現在公開停止中】
-「SIGMA dp0 Quattro」「dp1 Quattro」「dp2 Quattro」「dp3 Quattro」用最新ファームウェアを公開。
-今回のVer.2.00では、sd Quattroで搭載された新機能をdp Quattroシリーズで実現。
-SFD(Super Fine Detail)モードを搭載。
-記録方式にDNG(無圧縮RAW12bit)形式を追加。
-「設定のリセット」から工場出荷状態に戻した時、最初に言語選択画面が表示されるよう仕様変更。
-フォーカスロック撮影(AFL)やAE ロック撮影(AEL)時に、メニュー表示や画像の再生を行った際にAFLやAELが解除されないように仕様変更。
-縦位置撮影時の水準器精度を向上。
-ISO オートのISO感度の上限の設定で、ISO200が選択できない不具合を修正。
-バッテリー残量が少ない時にオートブラケット撮影を行うと、まれに最後のコマの記録画像がエラーとなる現象を修正。

●バッファロー
「”おもいでばこ”PD-1000」シリーズ用ファームウエア Ver.3.01
-デジタルフォトアルバム「おもいでばこ」PD-1000シリーズ用最新ファームウエアを公開。
-今回のファームアップでは、最新モデル「PD-1000Sシリーズ」で搭載された新機能を「PD-1000シリーズ」で利用可能に。
-画面デザインを更新。やさしい使い心地はそのままに、写真がより楽しくなる新しい画面デザインに更新。
-クイック設定やサイネージ向けクイック設定に対応。
-写真のきりかえ効果の追加やアニメーション速度の調整が可能。
-ネットワーク初期設定に対応。
-写真・動画の復旧機能(ディスクリカバリー)に対応。
-ホーム画面にTipsを追加。
-クリップ機能のフル機能に対応。
-その他、軽微な修正および、機能追加・変更。

[ソフトウエアUPDATE]
●シグマ
SIGMA Photo Pro 6.5.3
-純正RAW現像ソフト「SIGMA Photo Pro」の最新版を公開。
-今回のVer.6.5.3では下記の点を改善。
-SIGMA dp QuattroシリーズのSFDモードで撮影したX3Iファイルに対応。(Windows版)
-白とび軽減機能の効果を最適化。(Windows版)
-SFDモードの現像速度を改善。(Macintosh版)
-フランス語、ロシア語環境で、起動エラーが発生するバグを修正。(Macintosh版)

04/25
(火)
●ケンコー・トキナー
角型と丸型フィルターが併用できる汎用フィルターホルダー「EVO フィルターホルダー」発表
-角形フィルターと丸形フィルターの両方を活用できるフィルターホルダー「コッキン・EVO フィルターホルダー」を発表。
-角形フィルターは最大3枚装着可能。取り付け溝の数を変えることで薄型化することで超広角レンズにも対応。
-前面に丸形フィルターを装着可能。PLフィルターなど回転式フィルターなどに利用も容易。
-前面に装着できるものは95mm径と105mm径と大口径なものに。
-84mm幅の角形フィルターに対応するMタイプと、100mm幅対応のLタイプの2種を用意。
-角形フィルター装着時の光線漏れを軽減するための遮光マスクも装備。
-高精度で高強度のアルミ素材を採用。
-「EVO フィルターホルダー M」(84mm幅/95mm径)は、17,800円、 4月26日発売。
-「EVO フィルターホルダー L 」(100m幅/105mm径)は、24,800円、 5月19日発売。

[ファームウエアUPDATE]
●二コン
Nikon 1 J5用ファームウェア Ver.1.05
-1インチセンサー搭載ミラーレス機「Nikon 1 J5」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.1.05では下記の点を改善。
-連写グループ内の画像を連続して数枚削除すると、続けて削除操作ができなくなる現象を修正。

04/24
(月)
●キヤノン
「EOS 5D Mark IV」でLog記録を実現する
Canon Log対応ファームウエア、6月下旬より有償アップグレード受付開始予定

-4K60fps動画撮影が可能なフルサイズデジタル一眼レフ「EOS 5D Mark IV」の有償ファームアップを告知。
-ファームアップにより、幅広いダイナミックレンジでの動画記録が可能な「Canon Log」記録が可能に。
-ISO400で、800%のワイドダイナミックレンジでの記録が可能。
-ビューアシスト機能を搭載。背面液晶ではカラーグレーディング後の画づくりに近い画像特性での表示が可能。
-ファームアップは有償。10,000円での実施に。
-サービス拠点持ち込みで当日、引き取りサービスでは7〜10日でファームアップ可能。
-6月下旬よりアップグレード受付開始予定。

[ファームウエアUPDATE]
●パナソニック
LUMIX GH5用ファームウエア Ver1.1
-「LUMIX GH5」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.1.1では下記の点を改善。
-FHD 4:2:2 10bit動画記録モードを追加。[MP4(LPCM)],[MOV]の記録方式選択で利用可能に。
-アナモフィック(4:3)モードに、4:2:2 10bit動画記録モードを追加。
-クリエイティブ動画モードの[バリアブルフレームレート]選択時に、[SS/ゲイン操作]表示を[角度/ISO]に設定した際、 撮影待機中のライブビュー映像の露出が追従しない不具合を改善。
-フォトスタイル[V-LogL]において、高ISO感度設定の動画撮影中に発生する残像現象を改善。

●パナソニック
「LUMIX G X VARIO PZ 45-175mmF4.0-5.6.(H-PS45175)」用ファームウエア Ver.1.3
-LUMIX Xレンズ「LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.(H-PS45175)」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.1.3では下記の点に対応。
-ボディーとレンズ両方の手ぶれ補正機能で補正する「Dual I.S」機能に対応。

04/23
(日)
●シグマ
SIGMA CINE LENSシリーズFF High Speed Prime Line「14mm T2 FF」「135mm T2 FF」開発発表
-シグマのシネマ用レンズのラインナップを拡充。
-フルサイズセンサー対応の大口径シリーズ「FF High Speed Prime Line」に、14mmT2 FF」と「135mmT2 FF」を追加。
-マウントはPL、EF、Eマウントを用意。EFとEマウントは有償で交換も可能。
-明日からラスベガスで開催される「NAB Show 2017」で試写可能。
-価格未定。今年6〜7月発売予定。

[ファームウエアUPDATE]
●パナソニック
LUMIX GF9用ファームウエア Ver.1.1
-エントリー系ミラーレス機「LUMIX GF9」用機能拡張ファームウエアを公開。
-今回のVer.1.1では、下記の機能を追加。
-撮影した写真の顔にエステやメイクアップ効果をかけることができる、「ビューティレタッチ」機能を追加。

04/22
(土)
●ソニー
ハイエンドミラーレス機「α9」商品体験会、プレス向けに開催

●ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ デジタルイメージング本部マーケティング部門長 坂本裕司氏
・世界でのレンズ交換式カメラは、業界全体で縮小傾向。
・フルサイズは安定している。フルサイズ対応がボディーもレンズも比重が高くなっている。
・ボディーは、昨年の熊本地震の影響で制限がかかったが、結果的にはシェアを上げている。
・レンズは着実に売り上げを伸ばしている。レンズ事業は重要な一角に。
・昨今、プロ写真家がソニーαを使い始めている。
・プロの声を設計・開発現場にフィードバック。

・昨年の地震では、生産に大きな影響。昨年末にはフルに復活。
・開発途中だった、このイメージセンサーの開発。それを必ず実現するというプロジェクトとして取り組んだ。

・夢のセンサー、カメラの限界を突破するセンサーに。
・このセンサーを作ることで歴史を変える。
・このセンサーの完成で、このカメラが生まれた。
・世界初のメモリー内蔵積層型イメージセンサー搭載機「α9」。
・待望の100-400mmのGマスター。


●ソニーマーケティング デジタルイメージングビジネス部 総括部長 小笠原啓克氏
・新しい時代のデジタルイメージングの幕開け。
・デジタルになっても、スピード性能はこれまでも一眼レフが頂点にあったと思う。
・メカデバイスが頂点だったが、電子がそれを置き換えたらどうなるか?
・より高速で小型軽量になる。
・歴史を変えるブレイクスルー。積層化による回路部の拡張。従来比20倍の高速化。
・膨大な情報を内蔵メモリーで記録し、高速処理。
・撮像中でも光を遮ることなく撮影できる。
・真のデジタル時代を。
・連続秒20コマの高速性能。

・プロフォトグラファー向けの高い信頼性を。
・新たな撮影表現の可能性を広げる。
・AF/AE追従で秒20コマ。
・693点AF、1/32,000秒。高い露出安定性を確保。
・急激な輝度変化があっても、秒60回の測定演算ができる。
・AFは像面の93%をカバー。
・連写中でも視界を一切遮らない。高速に動く被写体を捕らえることができる。
・シャッターの振動による音で撮影が禁止されている撮影でも、歪みを抑えた撮影が可能。
・裏面化で高感度と広いダイナミックレンジ。
・大容量バッテリー2.2倍。縦位置グリップ。120fpsのEVF、5段手ブレ、デュアルSD、FTP転送もできる有線LAN端子も装備。
・150分充電可能なチャージャー。FZ100が2つ収納できる縦位置グリップも用意。

・Gマスター 100-400GM。
・高い解像感と美しい背景のボケ。
・Eマウント初の400mmをカバー。
・全域での高い解像性能と美しいボケ。
・静粛で高いAF性能を実現。
・2つの駆動モーターでAF。とくに「α9」との組み合わせで。
・α9と100−400mmでも2068gと小型軽量。
・最短撮影距離も全域0.98m。
・テレコンバーターにも対応。

・発売日は5月26日。予約は4月27日10時〜。
・レンズは7月予定。
・プロ向けの撮影体験会も実施。




[ファームウエアUPDATE]
●シグマ
SIGMA sd Quattroファームウェア Ver.1.05
-Foveonセンサー搭載ミラーレス機「sd Quattro」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.1.05では、下記の点を改善。
-拡大率を4倍に設定して拡大表示によるピント合わせを行うと、液晶モニター左側にノイズが発生するバグを修正。
-「SIGMA 100-400 mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」で撮影時、まれに色ムラが発生する点を修正。

●リコーイメージング
「PENTAX 645Z」用ファームウエアVer.1.23
「PENTAX K-1」用ファームウエアVer.1.41
-今回のVer.1.23ではImage Transmitter 2 Ver.2.3.0に対応。同アプリの改善点は下記の通り。
-ドライブモード変更機能追加。
-ホワイトバランス変更機能追加。
-カスタムイメージ(画像仕上げ)変更機能追加。
-画像記録形式変更機能追加。
-JPEG記録サイズ変更機能追加。
-記録画質変更機能追加。
-カードスロット設定機能追加。
-ライブビュー拡大倍率変更機能追加。
-ライブビュー時のフォーカス微調整機能を追加。
-フォーカスアシスト設定機能を追加(Windows版のみ対応)。
-露出ブラケット設定機能追加(Windows版のみ対応)。
-全般的な動作安定性が向上。

04/21
(金)
●ソニー
新開発の積層型フルサイズ24メガCMOSセンサーを搭載
ブラックアウトなし秒20コマ連写や693点AFを実現したハイエンドモデル「α9」、国内正式発表

-超高速なメモリー内蔵積層型フルサイズセンサーを搭載した、ソニーEマウントのハイエンドライン「α9」を、国内正式発表。
-日本での実売価格はボディー500,000円。5月26日発売。
-センサーとメモリーを一体化。卓越した高速性を実現した、メモリー内蔵積層型フルサイズ24.2メガCMOSセンサーを搭載。
-さらに処理性能を向上させたBIONZ Xを搭載。通常感度100〜51,200。拡張で50〜204,800。
-連写時でもブラックアウトせずに、秒20コマの超高速連写を達成。
-連続撮影枚数は、RAWデータで最大241枚、JPEGで362枚を実現。
-電子シャッターによるサイレントシャッター機能と、1/32,000秒の超高速シャッターを実現。
-AFは画面の約93%をカバーする693点の位相検出AFを搭載。ジョイスティックやタッチで測距点変更可能。
-秒60回のAF / AEトラッキングを実現。ハイレスポンスなAFやAE追従が可能に。
-ファイル転送用イーサネットポートを搭載。
-カードスロットはデュアルタイプのSDカードスロット採用。非圧縮14bitRAW記録可能。
-バッテリーは従来2.2倍の大容量タイプを搭載。さらに拡張バッテリーにも対応。
-5.0段分の補正効果を発揮する、5軸手ぶれ補正機能を搭載。
-EVFは従来の2倍の368.6万ドットのOLEDを採用。倍率0.78倍。リフレッシュレートは120fpsと60fpsを選択可能。
-背面ディスプレイは3.0型144万ドットのタッチ対応上下チルト液晶を搭載。
-動画記録が4K30fps。6Kサンプリングから4Kを生成。HDで120fps。
-大きさは126.9×95.6×63.0mm。重さ約673g。
-オープンプライス。実売価格はボディー500,000円。5月26日発売。

●ソニー
高解像度で高速AFを実現したGマスターシリーズの
Eマウント超望遠ズームレンズ「FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」、国内正式発表

-Eマウントのフルサイズ対応超望遠ズームレンズ「FE100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」発表。
-ハイエンド高速機「α9」にも対応できるよう、高解像度で高速AFのコンパクトなレンズに。
-スーパーEDとEDガラスを採用した16群22枚構成。色収差を極力抑えた高解像度レンズに。
-レンズコーティングには同社独自のNano ARコーティングを実施。
-AF駆動に、ダブルリニアモーターとダイレクトドライブSSMを採用。精密で静かなAF動作に。
-α9など、高速モデルのAF性能を最大限に発揮。
-100-400mmの超望遠ながらも、重さ1,395gと軽量に。
-防塵防滴仕様。取り外し式の三脚座も用意。
-光学手ぶれ補正機能を搭載。
-最短撮影距離はズーム全域で0.98mを達成。
-9枚絞りの採用できれいなボケ味に。
-テレコンバーターに対応。1.4倍と2倍のコンバーターを利用可能。
-320,000円。7月発売予定。

●リコーイメージング
4K動画対応で4chマイク採用の
全天球カメラ「RICOH THETA」シリーズの最新モデルをNABに参考出品。本年中発売へ

-4K動画と4ch収録に対応した、全天球モデル「THETA」の最新モデルを開発。
-動画記録は4Kの30fps記録に対応。
-音声記録は4chマイクを内蔵。空間音声記録が可能に。
-4Kのライブストリーミングが可能。
-さらに、AndroidベースOS搭載により、専用拡張アプリケーションによる機能拡張に対応。予定)
-世界最大の放送機器展「NAB SHOW 2017」に参考出品。
-製品名は未定。
-2017年中発売予定。

04/20
(木)
●米 ソニー
新開発の積層型フルサイズ24メガCMOSセンサーを搭載
ブラックアウトなし秒20コマ連写や693点AFを実現したハイエンドモデル「α9」、海外先行発表

-積層型センサーを搭載した、ソニーEマウントのハイエンドライン「α9」を海外向け発表。
-センサーとメモリーを一体化。卓越した高速性を実現した積層型のフルサイズ24.2メガCMOSセンサーを搭載。
-さらに処理性能を向上させたBIONZ Xを搭載。通常感度100−51,200。拡張で50〜204,800。
-連写時でもブラックアウトせずに、秒20コマの超高速連写を達成。
-連続撮影枚数は、RAWデータで最大241枚、JPEGで362枚を実現。
-電子シャッターによるサイレントシャッター機能と、1/32,000秒の超高速シャッターを実現。
-AFは画面の約93%をカバーする693点の位相検出AFを搭載。ジョイスティックやタッチで測距点変更可能。
-秒60回のAF / AEトラッキングを実現。ハイレスポンスなAFやAE追従が可能に。
-ファイル転送用イーサネットポートを搭載。
-カードスロットはデュアルタイプのSDカードスロット採用。非圧縮14bitRAW記録可能。
-バッテリーは従来2.2倍の大容量タイプを搭載。さらに拡張バッテリーにも対応。
-5.0段分の補正効果を発揮する、5軸手ぶれ補正機能を搭載。
-EVFは従来の2倍の368.6万ドットのOLEDを採用。倍率0.78倍。リフレッシュレートは120fpsと60fpsを選択可能。
-背面ディスプレイは3.0型144万ドットのタッチ対応上下チルト液晶を搭載。
-動画記録が4K30fps。6Kサンプリングから4Kを生成。HDで120fps。
-大きさは126.9×95.6×63.0mm。重さ約673g。
-米国5月発売。ボディー価格は4,499.99ドル。

●欧州ソニー
高解像度で高速AFを実現したGマスターシリーズの
Eマウント超望遠ズームレンズ「FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」、海外先行発表

-Eマウントのフルサイズ対応超望遠ズームレンズ「FE100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」発表。
-海外発表されたハイエンド高速機「α9」にも対応できるよう、高解像度で高速AFのコンパクトなレンズに。
-スーパーEDとEDガラスを採用した16群22枚構成。色収差を極力抑えた高解像度レンズに。
-レンズコーティングには同社独自のNano ARコーティングを実施。
-AF駆動に、ダブルリニアモーターとダイレクトドライブSSMを採用。精密で静かなAF動作に。
-α9など、高速モデルのAF性能を最大限に発揮。
-100-400mmの超望遠ながらも、重さ1,395gと軽量に。
-防塵防滴仕様。取り外し式の三脚座も用意。
-光学手ぶれ補正機能を搭載。
-最短撮影距離はズーム全域で0.98mを達成。
-9枚絞りの採用できれいなボケ味に。
-テレコンバーターに対応。1.4倍と2倍のコンバーターを利用可能。
-約2,900ユーロ。欧州7月発売予定。

[ファームウエアUPDATE]
●シグマ
SIGMA USB DOCK シグマ用、ニコン用、キヤノン用ファームウェアVer.1.03
-同社レンズをファームアップする「SIGMA USB DOCK」自身の最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.1.03では、SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporaryに対応。
-シグマ用、ニコン用、キヤノン用。

●シグマ
SIGMA 500mm F4 DG OS HSM | Sports ニコン用ファームウェア
-超望遠レンズ「SIGMA 500mm F4 DG OS HSM | Sports」のニコン用レンズファームウェアを更新。
-「SIGMA TELE CONVERTER TC-1401」装着時に3D-トラッキングが使用できない不具合を改善。

04/19
(水)
●富士フイルム
中判ミラーレス機「GFX」用交換レンズの
ロードマップを更新。2018年半ばに「望遠単焦点レンズ」と「テレコンバーター」を発売

-中判ミラーレス機「GFX」シリーズ用レンズのロードマップを更新。
-すでに発表済みの6本に加え、2018年半ばくらいに2本を追加。
-現在、同ラインナップでカバーできていない「望遠単焦点レンズ」と「テレコンバーター」を新たに追加。

●富士フイルム
中判ミラーレス機「GFX」用交換レンズ
「フジノンレンズ GF110mmF2 R LM WR」「フジノンレンズ GF23mmF4 R LM WR」、正式発表

-中判ミラーレス機「GFXシリーズ」用交換レンズ2種を正式発表。
-大口径中望遠レンズ「フジノンレンズ GF110mmF2 R LM WR」と、 超広角レンズ「フジノンレンズ GF23mmF4 R LM WR」を6月発売。
-「GF110mmF2 R LM WR」は、87mm相当で開放F2.0の大口径中望遠レンズ。
-「フジノンレンズ GF23mmF4 R LM WR」は、18mm相当で開放F4の超広角レンズに。
-「GF110mmF2 R LM WR」 359,500円。「GF23mmF4 R LM WR」339,500円。2017年6月発売。

●パナソニック
コンパクトで高画質なマイクロフォーサーズ用
ライカブランド超広角ズーム「LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm/F2.8-4.0 ASPH. (H-E08018)」、正式発表
 【訂正】
-昨秋のフォトキナで開発発表されたライカブランドの超広角ズームレンズ「LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm/F2.8-4.0 ASPH.」。
-開放F2.8〜4に抑えることで、コンパクト化と高画質化をバランスよく両立。
-35mm判換算で1618〜36mm相当の広角域を幅広くカバー。
-非球面EDレンズ1枚を含む4枚の非球面レンズを採用。ズーム全域で画面周辺部まで優れた描写特性を実現。
-AFサーチ時の画角変化を抑え、さらに高速で高精度な静音AFを実現。
-防塵・防滴仕様。-10度の耐低温性能にも対応。
-超広角ズームながらも、フィルター装着が可能。フィルター径67mm。
-最短撮影距離0.23m。
-大きさは最大径73.4mm、全長約88mm。重さ約315g。
-158,000円。5月25日発売。

●富士フイルム
カメラ部をデジタル化。カメラ内での画像編集や加工が可能な
スクエアプリントの1/4型CMOS搭載ハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」発表

-正方形のスクエアフォーマットを採用した、新世代のハイブリッドインスタントカメラ「instax SQ10」を発表。
-同機は、「手軽にクリエイティブにインスタント写真を楽しむ」がコンセプトに。
-今回の新フォーマットの採用は18年ぶり。62×62mmのスクエア画面でのプリントが可能に。
-instaxシリーズでは初めて、撮像部をデジタル化。1/4型CMOSで1,920×1.920ピクセルで撮影。
-デジタル化により、カメラ内でのエフェクトなどを高い自由で実現。液晶を見ながらの操作で調整可能。
-AF撮影可能。従来のチェキが苦手だった夜間撮影や10cmまでの近接撮影も。
-撮影したものをカメラ内で編集可能。10種類のフィルター、19段階のビネットや明るさ調整が可能に。
-二重露出やバブル撮影機能も搭載。
-レンズは28.5mm相当(35mm判換算)の単焦点タイプ。
-撮影したデータは、内蔵メモリーやmicroSDカードに保存。
-microSDカード経由でデジタルカメラのデータを取り込み、同機でプリントすることも可能。
-シャッターボタンは前面のレンズ左右に配置。左右どちらでもレリーズ可能。
-背面の液晶下に操作部を集約。感覚的にわかりやすい操作が可能。
-バッテリーは充電式。USB充電可能。フル充電で約160枚撮影可能。
-大きさは119×47×127mm。重さ約450g。色はブラックのみ。
-オープンプライス。実売価格はカメラが31,800円前後、フィルム(10枚)1,350円。5月19日発売。

04/18
(火)
●EIZO
最高輝度1000cd/m2、液晶モニター初の100万:1の高コントラスト比を実現した
HDR表示対応の映像制作市場向けの31.5型4Kリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3145」発表

-本格的なHDR映像コンテンツ作成向けHDR対応リファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3145」を発表。
-HDR映像のグレーディングや評価に必要なリファレンスモニターとして、最高輝度1000 cd/m2を実現。
-さらに、新型IPSパネルと専用高輝度バックライトユニットにより、液晶モニターで世界初の100万:1の高コントラスト比を実現。
-HDR方式は、「PQ」と「Hybrid Log Gamma」の両方に対応。
-31.1型。解像度はDCI 4K(4096×2160)に。
-広色域対応。「DCI-P3」「Rec.2020」など映像制作専用カラーモードを搭載。
-10bit入力対応。 DisplayPort入力で50/60pの4:4:4、HDMI入力では50/60pで4:2:2までカバー。
-4月下旬開催の「NAB Show 2017」などで展示。
-12月発売予定。

●新東京物産
中判ミラーレス機「GFX」対応
KIPON社製マウントアダプター「L/M-GFX:」「Pentax67-GFX」「ALPA-GFX」の3種を発売開始

-KIPON社の「GFX」用マウントアダプターを発売。
-ライカM、Lマウント用の「L/M-GFX:」(21,600円)、67判一眼レフ用の「Pentax67-GFX」(:24,800円)、アルパ用の「ALPA-GFX:」(24,800円)の3種が入荷。
-カメラ系家電量販店などで発売開始。

04/17
(月)
●ベルボン
ワンタッチでの伸縮と高い伸縮比を実現した
ウルトラロックを採用した同シリーズ初のカーボン三脚「UTC-63」、正式発表

-先端をひねるだけで全段を伸ばし固定できる「ウルトラロック」を採用した、シリーズ初のカーボン三脚「URC-63」。
-カーボン脚を採用することで、ねじれ強度を13%向上。パイプ径30mmの5段脚。振動の収まりが早いため、ブレ軽減に貢献。
-携帯時には180度開脚することで、収納時や携帯時に大幅なコンパクト化を実現。
-雲台は専用の自由雲台を採用。トルク調整も可能。水平パンのみも可能。
-クイックシューを標準採用。収納時にも収まりよく携帯可能。
-同社オリジナルの伸縮方式により、伸縮比は約4.3倍に。フルサイズ一眼レフにも対応。
-全高150cm、最低高は約34cm。縮長36cm。重さ1,520g。
-66,000円。4月発売。

●ベルボン
ワンタッチ伸縮の30mm径6段式のウルトラロックを採用した、カーボン一脚「UC-STICKR60」発表
-ねじるだけで伸縮がワンタッチでできるウルトラロック方式を採用したカーボン一脚「UC-STICK R60」。
-高い剛性と伸縮比を備えた、優れた操作性と携帯性を実現したモデルに。
-6段式脚を採用することで、全高1,530mmながらも、縮長が365mmと短く、携帯性も良好。
-最上部のパイプには硬くて変形の少ないハイモジュラスカーボンを採用。
-全高1,530mm、縮長365mm、パイプ径30mm。6段式。重さ約315g。
-19,800円。4月発売。

04/16
(日)
[ソフトウエアUPDATE]
●シグマ
SIGMA Photo Pro 6.5.2
-純正RAW現像ソフト「SIGMA Photo Pro」の最新版を公開。
-今回のVer. 6.5.2では、下記の点を改善。
-「dp Quattro」「sd Quattro」シリーズのX3Fファイル現像時の、ノイズ処理を向上。
-環境設定内のGPU高速化を有効にした際の速度を向上(GPU搭載PCのみ)。
-GPU高速化を有効にした際、一部コンピュータで動作エラーとなる現象を修正。
-GPU高速化を有効にした環境で、複数の画像を選択して現像処理を行うと、一部コンピュータ環境で、現像途中でエラーが発生する不具合を修正。
-PCの動作条件を変更。Intel Core2 Duoプロセッサ以上(Intel Core i シリーズ相当を推奨)で3GB以上のRAM(8GB以上を推奨)を搭載したPCに。32bitシステムでは、印刷機能、スライドショー機能、レビューウインドウの複数表示が不可。



Google
WWW を検索 DigitalCamera.jp を検索

このWebサイト上の全ての画像及び文章の著作権は山田写真事務所DigitalCamera.jp)
またはそれぞれの原作者
が所有しています。
一切の許可なき転載を禁止します。

(C)1999-2017 Yamada Digital Photo Office & DigitalCamera.jp ALL RIGHTS RESERVED


mail to :
(E-MAILによるご質問、購入相談などはお受けしておりません )
This website does not sell the Digital camera.

バナー広告について

(Digitalcamera.gr.jp since 1999/12/08)
(Digitalcamera.jp since 2002/02/10)