デジタルカメラ・ジェーピー

(since 2002/02/18)
マップカメラ
SILKYPIX Developer Studio
Nikon Df
SP 70-200mm F/2.8 (Model A009)

山田久美夫写真教室

デジタルカメラ・フォトギャラリー
(作品募集中)

レポート&レビュー

DigitalCamera.jp
からのお知らせ
ごあいさつ
本サイト開設にあたって

バナー広告について

バックナンバー ギャラリー ランキング お知らせ 旧コンテンツ

HotNews Digest Last Update 2017/03/27
23:55

03/27
(月)
●ケンコー・トキナー
5,000万画素機や8Kムービーに対応できるフルサイズカバーの
SAMYANG製マニュアルフォーカスプレミアム超広角レンズ「XP14mm F2.4」、Canon EFマウント用発売

-韓国SAMYANG社のフルサイズ対応大口径超広角MFレンズ「XP14mm F2.4」の日本国内発売開始。
-同レンズは、フルサイズ対応のマニュアルフォーカス専用のプレミアムレンズ。
-5,000万画素機や8K動画にマッチした最新設計レンズ。「SAMYANGが40年を超えるレンズ製造のノウハウを結集」。
-レンズ構成は14群18枚。非球面レンズ2枚、ハイブリッド非球面レンズ1枚、 超低分散ガラスと高屈折レンズ1枚を採用することで、高画質化を実現。
-独自のUMCコーティングにより、フレアとゴーストを抑制。
-鏡筒にはアルミ合金を採用。
-最短撮影距離は0.28m。
-大きさはは最大径95mm、全長109.4mm。重さ約791g。
-マウントはキヤノンEF用を用意。
-オープンプライス。実売113,400円。


●ハクバ
カメラの背面ディスプレイをカバーする「液晶保護フィルム Mark II」に
「Panasonic LUMIX FZ85/TX1/TZ85専用」
「CASIO EXILIM ZS29/ZS28/ZS27専用」を追加
-各機種の液晶画面にあわせた専用サイズの「液晶保護フィルム Mark II」のラインナップを拡充。
-あらたに 「Panasonic LUMIX FZ85/TX1/TZ85専用」、「CASIO EXILIM ZS29/ZS28/ZS27専用」を追加。
-貼った時に入った気泡が自然に抜けるバブルレスタイプに。
-すり傷や爪跡に強い耐久性を実現。クラス最高レベルの表面硬度に。
-ブルーレイヤー反射防止コーティングによりフィルム面での表面反射を軽減。
-フィルムを貼る前に液晶を安心してふける超極細繊維不織布液晶クリーニングペーパー付属。
-1,350円。3月27日発売。

03/26
(日)
[ソフトウエアUPDATE]
●Google
Snapseed Ver.2.71(iOS)
Snapseed Ver.2.71(Android)
-Googleの高機能画像処理アプリ「Snapseed」の最新バージョンを公開。
-今回のVer.2.71では、下記の新機能を搭載。
-実際に写っていない部分を予測して拡張する「アンクロップ」。
-顔を認識し、3D処理することで、顔の向きを上下左右に微調整できる「ポーズ」。
-2枚の写真を合成する「二重露出」を搭載。

03/25
(土)
●富士フイルム
「GFX」「X-T20」「X100F」など
最新機種が体感できる「FUJIFILMデジタルカメラ最新機種イベント」、今週末、鹿児島で開催

-富士フイルムの中判ミラーレスカメラ「GFX 50S」や「X-T20」「X100F」などが体感できるイベントを、全国9都市で開催。
-会場では、これら最新機種のタッチ&トライが可能。さらに新機種の概要説明のほか、写真家による「GFX」のトークショーも開催。
-今週末の3月25日(土)と26日(日)は鹿児島で開催。
-会場は、サンプラザ天文館2F(鹿児島市電「天文館通」電停より徒歩約3分)、
-タッチ&トライは 3月18日(土)が11:30〜17:00、19日(日)は10:00〜16:00。
-製品概要説明は13:10〜13:30、トークショーは13:30〜14:30開催。
-予約不要。入場無料。

03/24
(金)
●焦点工房
内面反射軽減と耐久性を向上させた
「K&F CONCEPT・ソニー Eシリーズ マウントアダプター改良新型」、4種類!の販売を開始!

-手頃な価格帯を実現した、K&F Concept社のEマウント用変換アダプターの改良型4種を発売。
-従来タイプに比べ、艶消し塗装により内面反射を大幅に軽減。
-ボディー側とレンズ側に両方に、真鍮製マウントパーツを採用し、耐久性を向上。
-ラインナップは、「KF-42E2(M42マウントレンズ用)」「KF-NFE2(ニコンFマウントレンズ用)」「KF-FDE2(キャノンFDマウントレンズ用)」「KF-SRE2(ミノルタMD.MC / SRマウントレンズ用)」の4種。
-3,500円。3月24日発売開始。

[ソフトウエアUPDATE]
●キヤノン
Digital Photo Professional 4.6.10 for Windows/ Mac OS X
-純正RAW現像ソフト「Digital Photo Professional(DPP)」の最新版を公開。
-今回のVer.4.6.10では、下記の新製品に対応。
-EOS Kiss X9i, EOS 9000D, EOS M6 に対応。
-EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM に対応。

●キヤノン
EOS Utility 3.6.0 for Windows/ EOS Utility 3.6.11 for Mac OS X
-PCへの画像転送やカメラのリモート撮影や各種設定ができる付属ソフト「EOS Utility」の最新版を公開。
-今回のVer.3.6.0では、「EF35mm F1.4L II USM,」「EF50mm F1.8 STM」に対応。

Picture Style Editor 1.18.10 for Windows/ Mac OS X
-ピクチャースタイルを編集し、オリジナルピクチャースタイルの作成や保存ができる付属ソフト「Picture Style Editor」の最新版を公開。
-今回のVer.1.18.10では、「EOS Kiss X9i」「EOS 9000D」「EOS M6」に対応。

03/23
(木)
[ファームウエアUPDATE]
●富士フイルム
「FUJIFILM X-T2」用ファームウエア Ver.2.00
「FUJIFILM X-Pro2」用ファームウエア Ver.3.00
-「 FUJIFILM X-T2」と「同 X-Pro2」用最新ファームウエアを3月下旬に公開。
-今回の「FUJIFILM X-T2: Ver.2.00」「FUJIFILM X-Pro2: Ver.3.00」では下記の点を改善。
-ブラケットおよびAdv.フィルター撮影でのRAW画像の記録に対応。
-拡張感度にISO125、ISO160を追加。
-長秒側のシャッタースピードを15分まで拡張可能に。
-シャッタースピードの1/3段補正の無効化(X-T2のみ対応)
-コマンドダイヤルでのISO感度全域変更(X-T2のみ対応)。
-感度AUTO設定の低速シャッター限界に「AUTO」を追加。
-顏検出AFを高速化。
-AF-Cモードでの合焦表示を改善。
-AFモードの「シングルポイント」に最少サイズを追加。
「AFポイント表示」を追加(X-Pro2のみ対応、X-T2搭載済み)
-「AF-Cカスタム設定」を追加(X-Pro2のみ対応、X-T2搭載済み)
-「縦/横位置AFモード切替」を追加(X-T2のみ対応)。
-ピント位置拡大中の位置変更が可能に。
-動画記録中のアイセンサーを有効化(X-T2のみ対応)。
-動画記録中のISO感度変更(X-T2のみ対応)。
-動画記録中の再AF(X-T2のみ対応)。
-動画記録中のヒストグラム表示(X-T2のみ対応)。
-外部マイク入力レベルの最適化(X-T2のみ対応)。
-VIEW MODEに「アイセンサー+LCD撮影画像表示」を追加。
-EVFの表示タイムラグ短縮(X-Pro2のみ対応、X-T2搭載済み)。
-「2画面」表示モードの常時化(X-T2のみ対応)。
-LCDの自動縦表示(X-T2のみ対応)。
-カスタム1〜7の名前設定が可能に。
-Exif用著作権情報を追加。
-ボイスメモ機能を追加。
-AEブラケットの機能拡張を追加。
-「カードなしレリーズ」設定を追加。
- 3月下旬公開予定。
-さらに、5月下旬公開予定のファームウエア「FUJIFILM X-T2: Ver.2.10」「FUJIFILM X-Pro2: Ver.3.10」では下記の機能を追加。
-無線通信によるPCリモート撮影をサポート(X-T2のみ対応)。
-AFモードに「オール」を追加(X-T2のみ対応)。
-「半押しAF」、「半押しAE」の機能拡張(X-T2のみ対応)。
-EVF明るさに「-6」と「-7」を追加。
-「2画面」表示モードでの画面入れ替え(X-T2のみ対応)。
-リアコマンドダイヤルのファンクション化。

[ソフトウエアUPDATE]
●市川ソフトラボラトリー
SILKYPIX Developer Studio Pro8(Windows / macOS)Ver.8.0.4.0
SILKYPIX Developer Studio Pro7(Win版/Mac版)Ver.7.0.13.0
SILKYPIX Developer Studio 7(Win版/Mac版)Ver.7.1.13.0
-高機能・高画質RAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio」各シリーズをアップデート。
-あらたに「パナソニック・LUMIX GH5」「FZ85/82/80」に対応。
-日付焼き込みデータの画像レイヤが印刷結果やJPEG/TIFF への出力結果に適用されない場合がある点を修正(Windows版のみ)。
- Windows Vista がサポート対象外に (SILKYPIX Developer Studio Pro7/ 7)。
- その他細かな問題の修正

●パナソニック
DC-GH5用 PHOTOfunSTUDIO 10.0XE
-LUMIX付属ソフト「PHOTOfunSTUDIO」の最新版を公開。
-今回の「PHOTOfunSTUDIO 10.0XE」では、GH5に対応。
-6Kフォトで撮影したファイルからのJPEG一括変換などが可能に。
-ダウンロードには「GH5」のシリアル番号の入力が必要。

03/22
(水)
●富士フイルム
Xシリーズ用クリップオンストロボ「EF-X500」で異常発熱の不具合。ファームアップへ
-富士フイルムのXシリーズ用外部フラッシュ「クリップオンフラッシュEF-X500」で不具合。
-海外より「フラッシュがスタンバイ状態のときに、、使用中のアルカリ電池が異常に高温になる」との報告あり。
-同社で確認した結果、ごく希に「フラッシュがスタンバイ状態のときに、ホットシューとの接続不良などにより、カメラとフラッシュとの間で通信異常が起きる」点を確認。
-具体的な症状としては、「アルカリ電池をご使用の場合に電池が発熱し、電池取り出し時に熱傷を負う可能性」や「フラッシュの電源が入らなくなる」現象が発生。
-これらの不具合は「EF-X500」本体のファームアップで解消可能。
-ファームアップは「X-T1」「X-T2」「X-Pro2」ボディーで、ユーザー自身が行うことも可能。
-上記ボディーを持っていない場合は同社でファームアップ。
-更新が必要なフラッシュの対象シリアル番号は、検索フォームで確認可能に。

[ソフトウエアUPDATE]
●市川ソフトラボラトリー
RACFiI 2 Powered by SILKYPIX Ver.2.0.3.0
-フィギュア愛好家向け写真調整ソフト「RACFiI 2 Powered by SILKYPIX」の最新バージョンを公開。
-今回のRACFiI 2 Ver.2.0.3.0では下記の点を改善。
-「Fujifilm GFX 50S」「 X100F」「X-A10」「X-T20」、「Sony α6500」、「Leica TL」、「Panasonic DC-GF9」「DC-GX800」「DC-GX850」、「Pentax KP」のRAWデータに対応。
-保存設定ダイアログで「撮影情報とRACFiIの現像設定をタグに記録しない」にチェックを入れて現像した際に、現像した画像の IPTC 情報の一部が記録されてしまう問題を修正。
-「Pentax K-S2」のDNG ファイルを選択中、レンズ収差補正サブコントロールの「自動補正」ボタンが表示されない問題を修正。
-Windows Vista がサポート対象外に。
-その他、細かな問題の修正。

03/21
(火)
●KIPON
中型ミラーレス機「富士フイルム・GFX」用マウント変換アダプター20種の販売開始
-中判ミラーレス機「富士フイルム・GFXシリーズ」用マウント変換アダプター22種を一挙発売。
-中判カメラ用レンズ対応モデルは、「CONTAREX-GFX」「ハッセルブラッド-GFX」「Mamiya645-GFX」「PENTAX67-GFX」「PENTAX645-GFX」「LPENTACON6-GFX」。いずれも、装着は可能だが、絞りなどの連動機能はナシ。
-35mmカメラ用ラインナップは、「L / R-GFX」「EF-GFX」「NIKON G-GFX」「EXAKTA-GFX」「OM-GFX」「MD-GFX」「VISO-GFX」「C / Y-GFX」「M42-GFX」「ROLLEI-GFX」「K-GFX」「FD-GFX」ALPA-GFX」。
-いずれも、マウントアダプター併用で装着でき、無限遠からの撮影が可能だが、イメージサークルは装着レンズに依存。
-本国では3月18日より発売開始。国内は近日発売予定

[ファームウエアUPDATE]

「SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 EF-E」用ファームウエア
-シグマのキヤノンEFマウントレンズを、ソニーEマウントボディーに装着できるマウントアダプター「SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 EF-E」用最新ファームウエア。
-今回の新ファームウエアでは、下記のレンズに対応。
-「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art」「SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」に対応。
-FF High Speed Prime Lineシネレンズ「20 mm T1.5 FF EFマウント」「24 mm T1.5 FF EFマウント」「35mm T1.5 FF EF マウント」「50 mm T1.5 FF EFマウント」「85 mm T1.5 FF EFマウント」、FF Zoom Line のシネレンズ「24-35mm T2.2 FF EFマウント」に対応。

[ソフトウエアUPDATE]
●市川ソフトラボラトリー
RACFiI 2 Powered by SILKYPIX Ver.2.0.3.0
-フィギュア愛好家向け写真調整ソフト「RACFiI 2 Powered by SILKYPIX」の最新バージョンを公開。
-今回のRACFiI 2 Ver.2.0.3.0では下記の点を改善。
-「Fujifilm GFX 50S」「 X100F」「X-A10」「X-T20」、「Sony α6500」、「Leica TL」、「Panasonic DC-GF9」「DC-GX800」「DC-GX850」、「Pentax KP」のRAWデータに対応。
-保存設定ダイアログで「撮影情報とRACFiIの現像設定をタグに記録しない」にチェックを入れて現像した際に、現像した画像の IPTC 情報の一部が記録されてしまう問題を修正。
-「Pentax K-S2」のDNG ファイルを選択中、レンズ収差補正サブコントロールの「自動補正」ボタンが表示されない問題を修正。
-Windows Vista がサポート対象外に。
-その他、細かな問題の修正。

03/20
(月)
●DigitalCamera.jp
デジタルカメラ売れ筋ランキング、2017年2月分公開
-マップカメラ様のご協力による、2017年2月のデジタルカメラ売れ筋ランキング。
-新品カメラの1位は「D750」、2位は「α7II」、3位は「EOS5D MarkIV」。上位は本格派モデルに。
-4位には「X-T2」がランクアップ。5位には「X100F」、6位にはPowerShot GX7 MarkII」が圏外からランクイン。
-中古カメラのトップは「EOS5D MarkIII」。2位は「EOS 6D」。3位には「D750」と先月から変化なし。
-4位には「EOS M3」、5位には「EOS 5D MarkII」、8iには「LUMIX GX7」がランクアップ。


03/19
(日)
●カメラ記者クラブ
Web投票による「カメラグランプリ2017『あなたが選ぶベストカメラ賞』」、投票受付開始
-カメラグランプリ2017の1部門である「あなたが選ぶベストカメラ賞」の投票を開始。
-カメラグランプリは「この1年間に日本国内で発売されたスチルカメラの中から、もっとも優れた製品を選ぶ」イベント。
-カメラ記者クラブ主催、:カメラグランプリ2017実行委員会運営。
-「あなたが選ぶベストカメラ賞」では、一般ユーザーによる投票で決定。
-投票は専用Webから可能。投票者の中から抽選でカメラやアクセサリーなど豪華賞品をプレゼント。
-投票受付期間は、2017年3月18日(土)〜2017年4月9日(日)まで。

03/18
(土)
●富士フイルム
「GFX」「X-T20」「X100F」など
最新機種が体感できる「FUJIFILMデジタルカメラ最新機種イベント」、今週末、松山で開催

-富士フイルムの中判ミラーレスカメラ「GFX 50S」や「X-T20」「X100F」などが体感できるイベントを、全国9都市で開催。
-会場では、これら最新機種のタッチ&トライが可能。さらに新機種の概要説明のほか、写真家による「GFX」のトークショーも開催。
-今週末の3月18日(土)と19日(日)は松山で開催。
-会場は、松山市総合コミュニティセンター コミュニティプラザ・研修会議室(松山市駅からバス3分)。
-タッチ&トライは 3月18日(土)が11:30〜17:00、19日(日)は10:00〜16:00。
-製品概要説明は13:10〜13:30、トークショーは13:30〜14:30開催。
-予約不要。入場無料。

03/17
(金)
●シグマ
50メガ以上の超高画素機に耐える解像力を実現した
クラス最大級のArtライン大口径望遠レンズ「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM」、価格・発売日決定
-フルサイズ対応一眼レフ用の135mmクラスでもっとも明るいF1.8を実現したArtラインの望遠レンズ「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM」。
-発表当初、「価格・発売日未定」だったが、価格は175,000円、発売日は「4月7日」に決定。
-開放F1.8を実現。明るさはもちろん、ボケを活かした作画も可能に。
-レンズ構成は10群13枚。FLDガラス2枚、SLDガラス2枚を採用し、色収差を徹底補正。絞り開放から画面周辺まで高画質を実現。
-大型HSMによる大きなトルクによりAFの低速駆動でも高い安定性を実現。
-マウント部にゴムのシーリングを採用。前玉に撥水・防汚コートを採用し、高い防塵防滴性能を実現。
-ニコン用に電磁絞りを採用。
-同社独自のMTF測定器「A1」での全数検査を実施。
-マウントコンバーター「MC-11」やUSBドック、マウント交換サービスに対応。
-最短撮影距離87.5cm。最大撮影倍率は1:5。
-大きさは最大径91.4mm、長さ114.9mm。重さ約1,130g。フィルター径82mm。
-対応マウントはシグマ用、ニコン用、キヤノン用。
-175,000円。4月7日発売。

03/16
(木)
●ソニー
α Eマウント用レンズ「FE 100mm F2.8 STF GM OSS」「FE 85mm F1.8」「E PZ 18-110mm F4 G OSS」、発売日決定
-今春のCP+2017向けに発表された新レンズとフラッシュの発売日を決定。
-α Eマウント用新レンズ「FE 100mm F2.8 STF GM OSS」「FE 85mm F1.8」「E PZ 18-110mm F4 G OSS」の3種の発売時期と、当初の「4月予定」からやや前倒しし、「3月24日発売」に決定。
-また、フラッシュ「HVL-F45RM」は、「4月予定」から「4月28日発売」に決定。
-なお、「FE 100mm F2.8 STF GM OSS」は、3月17日より銀座・ソニーショールーム、ソニーストア 大阪、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 福岡天神で体験展示開始

[ファームウエアUPDATE]
●ニコン
COOLPIX W100用ファームウェア Ver.1.2
-防塵防滴エントリーコンパクト機「COOLPIX W100」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.1.2では下記の点を改善。
- [本体設定]の[通信メニュー]で、[Bluetooth]の[通信機能]を[無効]および[機内モード]を[する]にした際、まれに電源がON にできない現象と、電池の消耗が早くなる現象を修正。

03/15
(水)
●ソニー
カメラ内で画面をエリア分割、別々の設定で撮影して
カメラ内合成できるカメラ用アプリ「PlayMemories Camera Apps デジタルフィルター」発表

-主要α Eマウント機やRXシリーズで利用できるカメラ内アプリ「PlayMemories Camera Apps」に、有償の「デジタルフィルター」を追加。
-今回の「デジタルフィルター Ver.1.00」では、画面内で輝度比や条件などが大きく異なるシーンに対応。
-画面内を2分割または3分割し、エリア毎に、別々の露出やホワイトバランスなどに設定して自動撮影したものを、カメラ内で合成可能。
-光学的なハーフNDやリバースNDフィルターの効果をカメラ内で実現可能。
-同アプリは既発売の「スカイHDR」の進化版であり、「スカイHDR」購入者は優待価格での購入が可能。
-対応機種は、ILCE-7、ILCE-7R、ILCE-6000、DSC-RX100M3、ILCE-7S、ILCE-7M2、DSC-RX100M4、DSC-RX10M2、ILCE-7RM2、ILCE-7SM2、DSC-RX1RM2、ILCE-6300、DSC-RX10M3、DSC-RX100M5、ILCE-6500。
-3,240円。

●リコー
2台のデジタルカメラと専用ソフトによる
三次元測量「RICOH G800ジオショット3Dキット シリーズ」発表

-2台のデジタルカメラで三次元測量をする業務用システム「RICOH G800ジオショット3Dキット シリーズ」発表。
-デジタルカメラを2台使って撮影した画像データを、PC用ソフト「ジオショット3D」で解析することで、距離、面積、角度などの計測が可能に。
-現地では撮影のみの作業になるため、道路内での計測や測量ポールなどが届かない場所、立ち入りが難しい場所での測量が容易に。
-カメラ部は「G800」と「G800SE」のカスタムモデル2台。さらに、GPSユニットや「RICOH ステレオカメラアダプター SA-40」や「RICOH ダブルレリーズアダプター WA-1」と、PC用ソフト「ジオショット3D」をワンパッケージにしての販売に。
-「G800キット」905,000円、「G800SEキット」 980,000円。3月14日より受注開始。

03/14
(火)
●ケンコー・トキナー
高強度ジュラルミン枠を採用し薄型化を図った
高い平面性を実現した新世代フィルター「ZXプロテクターSLIM」発表。37〜58mm径をラインナップ

-フィルターの平面性を高めた、新世代のレンズ保護フィルター「ZX(ゼクロス)プロテクター」のラインナップを拡充。
-ミラーレス機など小口径採用機にあわせた薄型の「ZXプロテクターSLIM」を追加。
-フィルター枠のフロント部に高精度ジュラルミンを採用し、強度を向上し、薄型化しても高い平面性を確保。
-フィルターガラスを枠に固定する部分に新開発の「フローティングフレームシステム」を採用し、ガラスへの負担を軽減。
--超低反射のZRコートや耐久性に優れた撥水・撥油コーティングを採用。
-金枠内側をV型形状にすることで、ガラス内部の乱反射を軽減。
-フィルターガラスには、高透過率光学ガラスを採用。ガラス外周に墨塗り加工を実施。
-ラインナップは、37mm、40.5mm、46mm、49mm、52mm、55mm、58mm径を用意。
-37〜49mm径6,200円、52mm径6,700円、55mm径7,200円、58mm径7,500円。4月14日発売。

●バッファロー
IEEE.11acやオフラインアルバム表示に対応した
HDD内蔵デジタルフォトアルバム”おもいでばこ”「PD-1000Sシリーズ」発表

-HDD内蔵デジタルフォトアルバム”おもいでばこ”の最新版「PD-1000Sシリーズ」を発表。
-今回の新シリーズでは、高速Wi-Fiの「11ac」を搭載。
-さらに、スマートフォンやタブレットで、おもいでばこ内に保存したアルバムをオフラインで閲覧できる「クリップ機能」を新搭載。
-同機能は従来機「PD-1000シリーズ」でも4月配信予定のファームアップで対応。iOS用アプリは3月下旬、Android用は近日公開予定。
-今回のモデルでは画面デザインを変更。
-バックアップ用HDDと連携して、内蔵HDDにトラブルがあると自動修復するディスクリカバー機能を新搭載。
-Bluetoothオーディオに対応。Bluetooth接続の外部スピーカーでの音声出力も可能に。
-ラインナップは、1TB HDD内蔵の「PD-1000S」、2TBモデルの「PD-1000S-L」の2種。
-オープンプライス。実売価格は各37,584 円、49,680 円(同社Webショップ価格)。3月下旬発売予定。

03/13
(月)
●マルミ
7倍の強度がある強化ガラス採用レンズ保護フィルター「EXUS Lens Protect SOLID」発売
-従来比7倍の強化ガラスを採用した、同社の最上級レンズ保護フィルター「EXUS Lens Protect SOLID(エグザス レンズプロテクト ソリッド)」を発売。
-ガラス素材に通常のフィルターの7倍もの強度のある強化ガラスを採用。
-表面反射0.2%の超低反射を実現。
-帯電防止・撥水・防汚コーティングを採用。
-フィルター径は37〜82mmまでの主要サイズを用意。
-オープンプライス。3月中旬発売。

[ソフトウエアUPDATE]
●EIZO
カラーマネージメントソフトウェア ColorNavigator 6 6.4.18 (MacOS)
カラーマネージメントソフトウェア ColorNavigator 6 6.4.18 (Windows)
-同社のカラーマネージメントモニター用ソフトウエア「ColorNavigator 6」の最新版を公開。
-今回のVer.6.4.18では、下記の点に対応。
-Photoshop CC 2017に対応(CMYK検証)。
-Spyder/EXセンサーの調整時間を短縮。
-その他、不具合改善。
-対応機種は主要CG/CS/CXシリーズ。

03/12
(日)
●ケンコー・トキナー
強く美しい光学ガラスを採用し
国内加工による優れたタッチ感を追求した液晶保護ガラス「KARITES」、「X-Pro2」「RX100V」用発表

-「美しさ」「強さ」「貼りやすさ」を追求した液晶保護ガラス「KARITES(カリテス)」のラインナップを拡充。
-今回あらたに「富士フイルム・X-Pro2用」「Cyber-shot RX100V用」を追加。
-光学ガラスを採用し、薄さ0.21mmの超薄型で、硬度9H以上を実現。
-表面反射を大幅に軽減するARコーティングを採用し、透過率95%以上に。
-日本国内で、ガラスのカッティングや研磨を実施。さらに防汚・指紋防止加工やラウンドエッジ加工も国内で行うことで、滑らかなタッチ感を実現した、高品質なものに。
-新考案のガイドシール「取っ手シール」を採用することで、簡単操作での貼り付けを実現。
-オープンプライス。3月10日発売。

03/11
(日)
●富士フイルム
「GFX」「X-T20」「X100F」など
最新機種が体感できる「FUJIFILMデジタルカメラ最新機種イベント」、今週末、広島で開催

-富士フイルムの中判ミラーレスカメラ「GFX 50S」や「X-T20」「X100F」などが体感できるイベントを、全国9都市で開催。
-会場では、これら最新機種のタッチ&トライが可能。さらに新機種の概要説明のほか、写真家による「GFX」のトークショーも開催。
-今週末の3月11日(土)と12日(日)は広島で開催。
-会場は、広島アンデルセン(JR「広島駅」よりタクシー10分)。
-タッチ&トライは 3月11日(土)が11:30〜17:00、12日(日)は10:00〜16:00。
-製品概要説明は13:10〜13:30、トークショーは13:30〜14:30開催。
-予約不要。入場無料。

03/10
(金)
[ファームウエアUPDATE]
●シグマ
「SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM | Art」、シグマ用ファームウェア Ver.1.01
-フルサイズ対応標準ズーム「SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM | Art」のシグマ用最新ファームウエアを公開。
-「SIGMA sd Quattro」シリーズとの組み合わせで、AF速度を向上。
-「SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 SA-E」使用時のAF精度を向上。
-アップデートにはVer.1.02以降のSIGMA USB DOCK(シグマ用)が必要。

「SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11」、SA-E用ファームウェア Ver.1.03
-マウント変換アダプター「SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 SA-E」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVr.1.03では、「SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM | Art」 シグマ用(ファームウェアVer.1.01)に対応。

03/09
(木)
●富士フイルム
多階調黒白印画紙「フジブロ バリグレード WP(多階調)」、光沢紙は9月、半光沢紙は5月に販売終了へ
-富士フイルムの多階調黒白印画紙「フジブロ バリグレード WP(多階調)」の販売を終了。
-同製品について「需要の継続的な減少によりご提供が困難」になったため、販売終了に。
-光沢紙の「フジブロバリグレードWP FM(光沢」は今年9月、半光沢のAMは5月に出荷終了の見込み。
-多階調タイプの後継品はナシ。今後は単階調タイプの使用を推奨。

[ファームウエアUPDATE]
●パナソニック
「LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm / F4.0-6.3 ASPH. / POWER O.I.S.」用ファームウエア Ver.1.2
-マイクロフォーサーズ用超望遠ズーム「LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm / F4.0-6.3 ASPH. / POWER O.I.S.」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.1.2では、手ブレ補正の性能を改善。

[ソフトウエアUPDATE]
●オリンパス
OLYMPUS Viewer 3(Windows版)アップデート Ver.2.1.3
-同社モデル付属ソフト「OLYMPUS Viewer 3」の最新Windows版を公開。
-今回の Ver.2.1.3では、地図表示の不具合を修正。

03/08
(水)
[ソフトウエアUPDATE]
●アドビシステムズ
Lightroom CC 2015.9/Lightroom 6.9
-Adobe Photoshop Lightroomの最新バージョンを公開。
-今回のLightroom CC 2015.9/Lightroom 6.9では、下記のRAWデータに対応。
-「キヤノン・PowerShot G9 X Mark II」「カシオ・EX-ZR3200」「富士フイルム・GFX 50S」「X100F」「X-A10」「X-T20」、「ライカ・M10」「オリンパス・E-M1MarkII」「「パナソニック・DC-FZ80」「DC-GF9」「DC-GH5」「DMC-TZ82」のRAWデータに対応。
-多数の新しいカメラとレンズプロファイルをサポート。
-ポイントトーンカーブを処理する際のカーソルの不安定な動きを修正。
-2つの表示の使用時に画像を削除した後、現像モジュールがロックされる問題を解決。
-書き出しのパフォーマンス低下の問題を修正。
-その他、バグフィックス多数。

03/07
(火)
[ファームウエアUPDATE]
●ニコン
D810用ファームウェア C:Ver.1.12
-FXフォーマット一眼レフ「D810」用最新ファームウエアを公開。
-今回のC:Ver.1.12では下記の点を改善。
-ワイヤレストランスミッター WT-7 に対応。
-多重露出撮影で正しく記録されない点を改善。
-撮影した画像を再生してRGBヒストグラムを表示させると、画像によってはRGBヒストグラムが正しく表示されない点を改善。
-[画質モード]>[RAW + FINE]、[JPEG/TIFF記録]>[画像サイズ]>[サイズ M]、[自動ゆがみ補正]>[する]の組み合わせで撮影すると周辺の画像がゆがむ場合がある点を改善。
-レンズ交換した直後に撮影した画像が適正な露出にならない点を改善。
-プロテクトマークが正しく表示されない点を改善。
-[画質モード]>[RAW + FINE]、[RAW記録]>[画像サイズ]>[サイズ S]、[副スロットの機能]> [RAW+JPEG分割記録]、[自動ゆがみ補正]>[する]の組み合わせで撮影すると、カメラの操作ができなくなる点を改善。
-電子先幕シャッター使用時、シャッタースピードが1/2000秒を超える場合がある点を改善。
-撮影した画像が記録されない場合がある点を改善。

D810A用ファームウェア C:Ver.1.02
-天体写真用FXフォーマットデジタル一眼レフ「D810A」用最新ファームウエアを公開。
-今回のC:Ver.1.02では下記の点を改善。
-ワイヤレストランスミッター WT-7 に対応。
- 多重露出撮影で正しく記録されない点を改善。
- [画質モード]>[RAW + FINE]、[JPEG/TIFF記録]>[画像サイズ]>[サイズ M]、[自動ゆがみ補正]>[する]の組み合わせで撮影すると周辺の画像がゆがむ場合がある点を改善。
- レンズ交換した直後に撮影した画像が適正な露出にならない点を改善。
- プロテクトマークが正しく表示されない点を改善。
- [画質モード]>[RAW + FINE]、[RAW記録]>[画像サイズ]>[サイズ S]、[副スロットの機能]>[RAW+JPEG分割記録]、[自動ゆがみ補正]>[する]の組み合わせで撮影すると、カメラの操作ができなくなる点を改善。
- 電子先幕シャッター使用時、シャッタースピードが1/2000秒を超える場合がある点を改善。
- 撮影した画像が記録されない場合がある点を改善。

D750用ファームウエア C:Ver.1.11
-FXフォーマット24メガデジタル一眼レフ「D750」用最新ファームウエアを公開。
-今回のC:Ver.1.02では下記の点を改善。
-ワイヤレストランスミッター WT-7 に対応。
-撮影した画像を再生してRGBヒストグラムを表示させると、画像によってはRGBヒストグラムが正しく表示されない点を改善。
-[画質モード]>[RAW + FINE]、[画像サイズ]>[サイズ M]、[自動ゆがみ補正]>[する]の組み合わせで撮影すると周辺の画像がゆがむ場合がある点を改善。
-[セットアップメニュー]>[カメラ設定の保存と読み込み]>[保存]の操作をしても[カスタムメニュー]> f[操作]> f5[コマンドダイヤル設定]>[メインとサブの入れ換え]の設定が保存されない点を改善。
-撮影した画像が記録されない場合がある点を改善。

D500用ファームウエア C:Ver.1.12
-DXフォーマット24メガデジタル一眼レフ「D500」用最新ファームウエアを公開。
-今回のC:Ver.1.12では下記の点を改善。
- iOS 10.2に対応したSnapBridgeアプリとカメラの接続が不安定になる現象を改善。

D7200用ファームウエア C:Ver.1.02
-DXフォーマット24メガデジタル一眼レフ「D7200」用最新ファームウエアを公開。
-今回のC:Ver.1.02では下記の点を改善。
-ワイヤレストランスミッター WT-7 に対応。
-[画質モード]>[RAW + FINE]、[画像サイズ]>[サイズ M]、[自動ゆがみ補正]>[する]の組み合わせで撮影すると周辺の画像がゆがむ場合がある点を改善。
- 撮影した画像が記録されない場合がある点を改善。
- 電磁絞りのレンズ(Eタイプ、PC-E)との組み合わせにおいて、ライブビューで静止画撮影すると適正な露出にならない場合がある点を改善。

WT-7用ファームウェア Ver.1.1
-ワイヤレストランスミッター「WT-7」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.1.11では下記の点に対応。
-D810、D810A、D750、および D7200 に対応。
-HTTP サーバモードの言語にトルコ語を追加。
-一部のFTPサーバとの接続で、パッシブモードで接続できない現象を修正。

●ソニー
ILCE-6500 本体ソフトウェアアップデート (Windows) Ver. 1.02
-手ぶれ補正内蔵APSミラーレス機「α6500」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.1.02では下記の点を改善。
-PMCAキーボードでのタッチ操作がしにくい症状を改善。
-動画用ガイドフレーム表示が16:9パネルでアスペクトが正しくない症状を改善。
-その他、動作の安定性を向上。

[ソフトウエアUPDATE]
●アドビシステムズ
Adobe Photoshop Lightroom for iPhone(iOS)
Adobe Photoshop Lightroom(Andorid)
-OS用とAndroid用の「Lightroom Mobile」をアップデート。
-3枚自動撮影して自動合成するHDR機能を搭載。スマートフォンのダイナミックレンジの狭さをカバー。
-ただし、HDR処理に対応できるスマートフォンは機種限定に。
-iOS用では、オリジナルのRAW画像をカメラロールへ直接書き出しに対応。
-画像のレーティング機能向上。
-クラウドとの同期機能が大幅に向上。
-各種バグの修正とパフォーマンスを向上。

03/06
(月)
●シグマ
各種調光システムにに対応した
G.N.63のクリップオンストロボ「ELECTRONIC FLASH EF-630」、キヤノン用発売日決定

-TTL調光をはじめとした各種調光システムに対応したクリップオンストロボ「EF-630」のキヤノン用の発売日を決定。
-同機は昨年春に発表されたもので、シグマ用は既発売だったが、キヤノン用、ニコン用は未発売だったもの。
-TTL自動調光をはじめ、ハイスピードシンクロや後幕シンクロ、ワイヤレスフラッシュ撮影に対応。
-ガイドナンバーは最大63。オートズームヘッドは24〜200mmまで対応。ワイドパネル使用時17mm。
-バウンス機構は上方90度、下方7度、左右各180度まで可能。
-ワイドパネルやキャッチライトパネルも内蔵。
-操作部にドットマトリックス液晶を採用し、十字キーとダイヤル操作で各種設定が可能。
-電源は単3形アルカリ乾電池、単3形ニッケル水素電池4本。
-大きさは約79.4×148.4×121.5mm。重さ490g。
-対応機種はシグマ用、キヤノン用、ニコン用。
-50,000円。キヤノン用3月17日発売。ニコン用未定。

03/05
(日)
●ハクバ
カメラの背面ディスプレイをカバーする「液晶保護フィルム Mark II」に
「Canon EOS 9000D 専用」「Canon EOS Kiss X9i / X8i / X7i 専用」「Canon EOS M6 専用」を追加

-各機種の液晶画面にあわせた専用サイズの「液晶保護フィルム Mark II」のラインナップを拡充。
-あらたに「Canon EOS 9000D 専用」「Canon EOS Kiss X9i / X8i / X7i 専用」「Canon EOS M6 専用」を追加。
-貼った時に入った気泡が自然に抜けるバブルレスタイプに。
-すり傷や爪跡に強い耐久性を実現。クラス最高レベルの表面硬度に。
-ブルーレイヤー反射防止コーティングによりフィルム面での表面反射を軽減。
-フィルムを貼る前に液晶を安心してふける超極細繊維不織布液晶クリーニングペーパー付属。
-Canon EOS Kiss X9i / X8i / X7i 専用」「Canon EOS M6 専用」1,404円。「9000D専用」2,376円。3月2日発売。

03/04
(土)
●富士フイルム
「GFX」「X-T20」「X100F」など
最新機種が体感できる「FUJIFILMデジタルカメラ最新機種イベント」、今週末、金沢で開催

-富士フイルムの中判ミラーレスカメラ「GFX 50S」や「X-T20」「X100F」などが体感できるイベントを、全国9都市で開催。
-会場では、これら最新機種のタッチ&トライが可能。さらに新機種の概要説明のほか、写真家による「GFX」のトークショーも開催。
-今週末の3月4日(土)と5日(日)は金沢で開催。
-会場はTKP金沢駅前カンファレンスセンター(JR北陸本線「金沢駅」 徒歩5分)。
-タッチ&トライは 3月4日(土)が11:30〜17:00、5日(日)は10:00〜16:00。
-製品概要説明は13:10〜13:30、トークショーは13:30〜14:30開催。
-予約不要。入場無料。

03/03
(金)
●シグマ
「sd Quattro H」に24-105mmや35mmF1.4を同梱した「SIGMA sd Quattro H レンズキット」、発売日決定
-APS-HサイズのFoveon X3センサー搭載機「sd Quattro H」にレンズキットを追加。
-ミラーレス機「SIGMA sd Quattro H」のキットレンズとして、「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art」キットと、「SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM | Art」キットをラインナップ。
-いずれも、Artラインレンズで、「sd Quattro H」の高い描写力を発揮できるキットに。
-オープンプライス。3月17日発売。

●ライカカメラジャパン
大丸創業300周年の輪島本漆塗りモデル「ライカM ブラックアンバー」限定発売
-大丸創業300周年限定モデル「ライカM ブラックアンバー」を発表。
-同機は「ライカM(typ240)」ベースの輪島本漆塗りの特別限定モデルを店舗限定発売。
-販売店舗は、ライカ大丸東京店、ライカ松坂屋名古屋店、ライカ大丸心斎橋店。
-カメラ前面とトップカバーに蒔絵での金文字でのライカロゴ入り。
-漆塗りに蒔絵で四季のモチーフのシャッターレリーズボタン4個と、赤漆塗のカメラのボディキャップを付属。
-さらに、これらを桐箱に収められての販売に。
-2017年3月25日13時より受付開始。納期は3-4ヶ月必要。
-1,350,000円(ボディのみ)。50台限定の受注生産。

03/02
(木)
[ファームウエアUPDATE]
●オリンパス
OM-D E-M1 Mark II用ファームウエア Ver.1.1
-ミラーレス機「OM-D E-M1 MarkII」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.1.1では、RAW画像生成時の安定性を向上。

[ソフトウエアUPDATE]
●市川ソフトラボラトリー
SILKYPIX Developer Studio Pro8(Windows / macOS)Ver.8.0.3.0
SILKYPIX Developer Studio Pro7(Win版/Mac版)Ver.7.0.12.0
SILKYPIX Developer Studio 7(Win版/Mac版)Ver.7.1.12.0
-高機能・高画質RAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio」各シリーズをアップデート。
-あらたに「富士フイルム・GFX 50S」に対応。フィルムシミュレーションも利用可能。

●オリンパス
OLYMPUS Viewer 3 Ver.2.1.2
-同社モデルの付属ソフト「OLYMPUS Viewer 3」の最新アップデータを公開。
-今回のVer.2.1.2では、RAW現像画質を改善。

03/01
(水)
[ファームウエアUPDATE]
●ニコン
D5600用ファームウェア C:Ver.1.01
-DXフォーマット一眼レフ「D5600」用最新ファームウエアを公開。
-今回のC:Ver.1.01では下記の点を改善。
-iOS 10.2に対応したSnapBridgeアプリとカメラの接続が不安定になる現象を改善。

●ニコン
D3400用ファームウェア C:Ver.1.01
-DXフォーマット一眼レフ「D3400」用最新ファームウエアを公開。
-今回のC:Ver.1.01では下記の点を改善。
-iOS 10.2に対応したSnapBridgeアプリとカメラの接続が不安定になる現象を改善。

●キヤノン
EOS M3 ファームウエア Version 1.2.0
-ミラーレス機「EOS M3」用ファームウエアVer.1.2.0を公開。
-ファームアップにより、電子ビューファインダー「EVF-DC2」に対応。

●キヤノン
PowerShot G1 X Mark II ファームウエア Version 1.1.0.0
-高級コンパクト機「PowerShot G1 X Mark II」用最新ファームウエアを公開。
-ファームアップにより、電子ビューファインダー「EVF-DC2」に対応。

●キヤノン
PowerShot G3 X ファームウエア Version 1.1.0.0
-高級コンパクト機「PowerShot G3 X Mark II」用最新ファームウエアを公開。
-ファームアップにより、電子ビューファインダー「EVF-DC2」に対応。

02/28
(火)
●ライカカメラジャパン
銀座六丁目に国内10ヵ所目のライカストア「ライカGINZA SIX」、4月20日オープン。「ライカQ」記念限定モデルも発売
-銀座に国内で10ヵ所目のライカストア「ライカGINZA SIX」を4月20日にオープン。
-同ストアは、銀座六丁目に同日オープンする、銀座エリア最大の商業施設「SINZA SIX」の5階に。
-GINZA SIXのコンセプトである「Life At Its Best 最高に満たされた暮らし」にあわせて、アクセサリー類も豊富に。
-ライカのカメラや双眼鏡などを展示販売。イベントやセミナーなども実施予定。
-店内にギャラリースペースを設け、ライカで撮影された作品を展示。
-場所は東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 5 階。営業時間は10:30〜20:30。
-同店オープンを記念して、特別限定モデル「ライカQ “GINZA SIX”」を国内限定販売。同店で先行発売。
-同モデルは、ライカQをベースに、外観色をオレンジとセメントグレーの2色で展開。各30台限定。658,800円。
-4月20日オープン。

02/27
(月)
●リコーイメージング
フルサイズデジタル一眼レフ「PENTAX K-1」、ドイツの「iF デザイン賞 2017」受賞
-フルサイズ一眼レフ「PENTAX K-1」が、ドイツのデザイン賞「iFデザイン賞」を受賞。
-同デザイン賞は、世界的に有名なドイツのデザイン賞に。
-今年は世界59カ国から5,575点が応募。その中から上位に選出。

02/26
(日)
●CIPA
アジア圏最大のカメラと写真映像のワールドプレミアムイベント「CP+2017」閉幕。来場者数は66,665人に
-「CP+(シーピープラス)2017」、横浜のパシフィコ横浜で開催中。
-開催日は2017年2月23日(木)・24日(金)・25日(土)・26日(日)。開催時間は10〜18時(最終日17時まで)。
-会場は、パシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール、会議センター)/BankART Studio NYK。

-CP+、3日目の来場者数は、20,700人。対前年比で約93.2%に。
-CP+、4日目の来場者数は、15,108人。対前年比で約96.8%に微減。
-4日間トータルでの来場者数は66,665人。昨年は68,717人だったため、対前年比約97%と若干減少。

-「あなたの投票で決まる!ワールドプレミアアワード」の結果も発表。

レンズ交換式カメラ部門 キヤノン EOS M6
レンズ一体型カメラ部門 富士フイルム FUJIFILM X100F
交換レンズ部門 シグマ SIGMA 135mm F1.8 DG HSM |Art
フォトアクセサリー部門 東芝 EXCERIA PRO SDHC/SDXC UHS-Uメモリカード








Google
WWW を検索 DigitalCamera.jp を検索

このWebサイト上の全ての画像及び文章の著作権は山田写真事務所DigitalCamera.jp)
またはそれぞれの原作者
が所有しています。
一切の許可なき転載を禁止します。

(C)1999-2017 Yamada Digital Photo Office & DigitalCamera.jp ALL RIGHTS RESERVED


mail to :
(E-MAILによるご質問、購入相談などはお受けしておりません )
This website does not sell the Digital camera.

バナー広告について

(Digitalcamera.gr.jp since 1999/12/08)
(Digitalcamera.jp since 2002/02/10)